お問い合わせ | サイトマップ | 会社概要
本社 新潟県佐渡市小木木野浦176番地3   TEL0259-86-3181(代)
代表取締役挨拶
沿革
会社概要
事業のご案内
土木
港湾・漁港
道路・舗装
建築・住宅
関連
製品・工法
グループ企業
営業所のご案内
本社
金井支店
新潟支店
十日町支店
ESR工法(新潟県土質改良事業協同組合)
cologic On-site Plant System for oil estoration Method
  (環境に配慮した原位置プラント方式による土質改良工法)
 土質改良工は、バックホウやスタビライザーによる現場混合が従来設計として採用されておりましたが、室内試験に対して混合率が低下する為、使用する固化材の割増が多く必要であり、現場での配合管理も、土量に対する添加量の正確な計量等が不可能でありました。
 また、自走式土質改良機による土質改良工は、県内で発注される公共事業でも採用されておりますが、施工管理・品質管理に明確な基準がありませんでした。
 当組合では発足当初より、現場での施工管理に関て施工手順等を文書化し実践してまいりましたが、より高品質な施工を目指し、組合各社の施工経験から管理手法を確立し『ESR工法』として『新技術情報提供システム』及び『Made in 新潟 新技術活用制度』に登録させていただきました。
 ESR工法は、改良土の品質管理を目的とした配合設計に基づいて自走式土質改良機により建設発生土の土質改良を行う技術であり、改良時はもちろん、施工時においても安定した高品質の改良土を供給することができます。
ESR工法(パンレット) PDFファイル(1,213 KB)
◆工法に関する詳細情報は、 新潟県土質改良事業協同組合のホームページをご覧下さい。
新潟県土質改良事業協同組合
新潟県土質改良事業協同組合は、改良土の品質保証・改良技術を備えた
土質改良のプロ集団として日々研鑽を積み、より質の高い土質改良の
提供に努力をして参ります。
無水堀工法(土砂災害防止技術)
■ロックアンカー・ロックボルト工法における削孔システム
① 地盤中の被圧地下水の把握が可能。
② アンカー設置地盤(定着層)の確実な判断が可能。
③ 超高圧エアーを使用しての削孔方式によりキレイな現場が実現。
④ 先端ダウンザホールハンマの掘削機構により振動・騒音が小さい。
⑤ 超小型電動削孔機使用により足場幅が小さくコスト縮減に寄与。
新潟県無水堀工法協会(パンフレット) PDFファイル(8,783 KB)
無水堀工法(見学会20050707於佐渡) PDFファイル(2,984 KB)
無水堀工法(国土交通省HPより)
公共事業コスト縮減効果の試算「3ページ目」
PDFファイル( 377 KB)
◆工法に関する詳細情報は、LLP無水掘工法設計比較検討支援事務所のホームページをご覧下さい。
イージースラブ橋工法
■孔あけ加工をしたH形鋼を並べ、ウエブに横繁鉄筋を貫通させてコンクリートと
  一体化させたSRC構造の床版橋です。
① 短い現場工期(施工性)
② 簡単な構造(構造性)
③ 支保工が不要(施工性)
④ 容易な施工(施工性)
⑤ ジョイントレス構造(走行性・維持管理)
⑥ 既設鋼桁の再利用(環境負荷低減)
⑦ 低桁高(施工性)
⑧ ミニマムメンテナンス(維持管理)
◆工法に関する詳細情報は、イージースラブ橋協会のホームページをご覧下さい。
アクアメイクシステム(循環排水再利用水洗トイレ)
■循環排水再利用でトイレを水洗化する画期的なシステムです。
① 汚水の放流がないため浄化槽法の規制を受けません。
② 水道、水源は不要です。(手洗用水は除く。)
立地条件に関係なく設営できます。
水道料金がかかりません。
維持管理は簡単作業でどなたでも可能。
⑥ 汚水が出ないため下水工事がいりません。
環境に合う外装デザインでご提案します。
埋設タイプ・地上設置タイプが選べます。
⑨ 住宅、工場、老人ホームにもいろんな分野で設置可能。
  (合併浄化槽タイプ(Tタイプ)もご提案できます。)
災害時にも効力発揮します。(電源は発電機など必要。)
※処理水BOD濃度5ppm以下 無色・無臭・大腸 菌群数0
アクアメイク(パンフレット) PDFファイル(1,535 KB)
◆製品に関する詳細情報は、 永和国土環境株式会社のホームページをご覧下さい。
スタンプコンクリート
■スタンプコンクリートとはコンクリートがまだ固まる前に、天然石やレンガなどの模様の
  ついた『型』を押し付け、表面に模様をつける工法です。
  (無機質・無表情なコンクリート面に様々なテクスチャー模様と彩りを施し短工期、
  低価格でありながら自然石やレンガ等を再現できます。)
スタンプコンクリート(パンフレット) PDFファイル(6,304 KB)
◆製品に関する詳細情報は、 株式会社ハチヤのホームページをご覧下さい。
↑ページトップへ
Copyright (C) 2007 NAKANO ALL RIGHTS RESERVED